DIYが巷で大流行、電気製品も自作した方が実はコスパ最高です


パソコンもDIYのように自分で制作した方がお得です

DIYが世間で流行っています。既製品をただ買うのではなく、ホームセンターや雑貨店などに行き、材料を買い揃えて家具や雑貨を自作する人々が増えてきました。自作した方が思い通りのアイテムが仕上がる、更に工夫次第で買うよりも大幅にリーズナブルな値段になる等、メリットは盛りだくさんです。それは電化製品、特にパソコンの世界にも言える事です。

既に数多くのパソコンユーザーが自作を行っています。意外かもしれませんが、数ある電気製品の中でも一際デスクトップパソコンはユーザーが自ら制作しやすい物です。一見すると複雑そうに見えるパソコンケースの中身ですが、開封してみると中身は意外と空洞になっています。もちろん精密機器が所狭しと並んでいますが、シンプルな構造をしたパーツ類がほとんどです。よく自作PC制作はプラモデル製作に似ている、と言われますが、実際に難易度や作業のプロセスなどは、かなり近い部分があります。

自作PCだけが持つメリットとは?

好きなマシンスペックにカスタマイズ出来るのも、自作PCのメリットです。量販店やネット通販で販売されるメーカー品の物は、予めスペックが決まっています。もう少しCPUを良いグレードの物にしたい、メモリやHDDの容量はもう少し少なくて良いので価格を下げて欲しい等、メーカー品には色々な不満が出てきますが、自作なら文字通り自分でゼロから組むため、パーツ単位で希望通りの仕様に出来ます。お金を掛けたい部分にのみ、パーツ代を多く充てられるのも自作の利点です。市販品を買うよりも、自作した方が費用対効果が高くなりますし、リーズナブルな価格帯で自作用のPCパーツは電気街で販売されています。

自宅のパソコンを使用してプリント基板設計ができるため、スキルを有していれば副業につなげることもできます。

Back to top