新入社員研修とは?身に付ける知識・スキルについての研修内容


新人社員研修の目的とは

新入社員とは、一般的に学生から社会人となった社員のことを言います。学生のうちは、これまでのアルバイトなどの経験有無に問わず、社会人としての経験はほとんどありません。これらの新卒者が会社に入り、社会人として生きていくための知識や礼儀、ビジネスマナーの基礎を身に付けるために新人社員研修が行われます。

社会人として求められることは

新入社員が社会人として求められることは、学生から社会人への意識改革です。新人社員研修では、まず社会の一員として相応しい言動ができるようになり、上司や先輩に対する接し方を学びます。それには社会人になる心構えを持ち、マナーや礼儀を身に付けていかなければなりません。新入社員には、自分が所属している会社や組織のルールを守る重要性を知り、計画を立てて仕事ができる要素が求められます。また、仕事をしていく上での基本的な動作や文章作成、対人関係や接客などに必要なコミュニケーション能力も必要です。

ビジネスパーソンが必要とされる理由

かつてはサラリーマンやビジネスマンというと、会社で働く社員は男性が中心という印象がありました。しかし、近年では女性の社会進出が盛んになり、ビジネスマンに女性を加えたビジネスパーソンが求められる時代となってきました。ビジネスパーソンとは、社会での男女差別をなくす表現方法とも言われています。新人社員研修では、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付ける実践も行われています。現在の社会では、全ての新入社員が分け隔てなくビジネスパーソンとして成長していくことが必要です。

働き方改革や社員の意識変化など、管理職を取り巻く状況は大きく変わりました。管理職研修ではそういった変化に対応できる時代に即したリーダーの育成を望むことができます。

Back to top