どんな効果がある?社員研修を行う目的について


社会人スキルを習得させる

社員研修を行う目的の一つは、ビジネスマナーなどの社会人として必要なスキルの習得です。社会人経験のない新入社員は、ほとんどの場合でビジネスパーソンに求められる基本的なマナーやルールを身に着けていません。社会人スキルは先輩社員や取引先との印象を左右させる大切なものです。そのため、社員研修を通して必要なスキルを習得させることが社員研修の大きな目的となるのです。社員が規律を守り、礼儀正しく振る舞うことは対外的な信頼を得ることにも役立つでしょう。

社員のスキルを向上させる

一人ひとりの社員のスキルを向上させることも社員研修の重要な目的です。個々の社員の能力を向上させられれば、業績の向上にもつながるでしょう。業務に必要なスキルを習得させる手段としては、実際の仕事を通して学ぶOJT教育もあります。しかし、OJT教育には指導役の社員の質によって効果に差が出てしまう欠点もあります。研修の場合では、人事や経営側が研修内容について介入することが可能です。特に、すべての社員に対して同様の知識を知ってほしいという場合に研修は有効になります。

企業の目的を社員に浸透させる

社員研修には企業理念や事業目的を社員に浸透させる役割もあります。企業に対する理解を深めていき、自分の役割を知ることができれば、仕事のモチベーションも高まるでしょう。同時に社員同士のコミュニケーションを深め、つながりを作ることにも役立ちます。新入社員にとっては周りは先輩ばかりで気疲れするかもしれませんが、同期とのつながりを作ることで悩みも共有しやすくなります。働く意欲を向上させることができ、社員の早期退職の防止にもつながるでしょう。

社員研修を行うためには、講師を頼む必要があります。また、会場をどうするのかといったことも考えなくてはならない事です。

Back to top