効果的な社員教育って?社員教育が必要な理由


社員教育が必要な理由と押えておきたいポイント

社員教育は事業を発展させるための人材育成に必要です。入社や昇格したときなど、業務に必要とされる能力を育成するためにおこなわれます。社員は育った環境や受けた教育が違うため、同じ目的を共有して事業発展につなげるというのはなかなか難しいものです。そこで必要になるのが社員教育で、目的達成のための方向性や手段を落とし込みます。

社員教育で大切なのは、まず人材育成計画を立てることです。目的達成のための具体的な計画を立て目標に向かいます。また経験豊富な先輩からのOJTも大切です。教育は日々おこなう方が身につきます。人材育成のスキルをもつ社員を育てることも大切です。人は放っておいても育ちませんし、新しいスキルも必要になります。すでにあるスキルを標準化し、また自社にないスキルを外部から取得し教育プログラムを作れる人材がいた方が効率的です。

シーンや必要に応じた効果的な社員教育

複数の社員に効果的に教育するのは難しいことです。そこで重要なのがシーンや必要に応じた社員教育です。社員教育というと外部研修も含めてとにかく受講しなければと考えるかもしれませんが、社員教育の目的は仕事に役立つ業務スキルや知識の取得なので企業内研修が基本です。外部研修は社内での対応が難しいときに考えればよいです。

社員教育は大きく3つに分けられます。まず1つめは新入社員研修です。ビジネスマンとしてのマナーやワークライフバランス、モチベーションについて学びます。2つめは企業内での選択的研修会です。昇格や部署異動などで開催され、業務に必要なスキルを学びます。3つめは社外研修です。社内ではスキル取得が難しいとき、新しい知識取得に利用すれば効果的です。

社員教育を任されている人は、非常に上司からの信頼を得ていて、さらに面倒見が良いです。もし、あなたが任せられているなら、自信を持ちましょう。

Back to top