マイホームの安全を手軽に実現?ガラスフィルムの防犯効果や注意点を学ぼう!


窓ガラスの強度を向上させるガラスフィルム

住宅の空き巣被害は窓ガラスを割って侵入するケースが多数を占めます。そのため、マイホームの防犯管理は窓ガラスに重点を置くことが大切と言えるでしょう。ガラスフィルムはガラスに貼り付けるだけで強度を向上させ、空き巣の侵入被害を防ぐ効果があります。窓枠を改造するなど特殊な工事は不要なので、どのような住宅でも手軽に実施できるのが大きな利点と言えるでしょう。ガラスフィルムは無色透明な物が多いので外観や居住性を損なう心配はありません。

フィルム選びやガラスに貼り付ける際の注意点

高い防犯効果を期待できるガラスフィルムですが、すべての製品に期待できるほどの防犯効果があるとは限りません。防犯フィルムの名称で販売されている製品の中には簡単に窓ガラスが割れてしまう物もあるので注意が必要です。警察庁と国土交通省、そして経済産業省の三つの組織が性能を公認した証であるCPマークが付いている防犯フィルムであればマイホームの安全を守るのに役立ちます。マークが付いていない製品よりも数割から二倍以上の価格になっている製品が多数ですが、防犯性の向上に必要な出費と割り切ることが大切です。また、防犯フィルムはすき間や気泡が発生しないように窓ガラスとぴったり合わせて貼らなければいけません。貼る際に不具合があるとその部分の強度が向上されず、窓ガラスが割れてしまうので丁寧に貼り付けることが大切です。フィルムを貼ると日光の熱が吸収されやすくなるのでガラスの熱割れが起きやすくなります。網入りガラスなど熱に弱いガラスにはフィルムを貼ることはできないので注意が必要です。

スマートフォンのガラスフィルムが破損した場合はそのまま使い続けることは危険です。理由としては、破損した際に剥がれかけて浮いてしまった破片が指を傷付ける可能性があるためです。

Back to top