1000円カットで気持ちよく散髪!失敗しない頼み方やコツは

店員さんに具体的に注文する

1000円カットで失敗しないためには、自分なりにどんなヘアスタイルになりたいのか決め、それを店員さんになるべく具体的に伝えることが大切です。例えば、どんなヘアスタイルにしたいか特に決めておらず、「おまかせでお願いします」「普通の感じにしてください」などと注文すると、仕上がりが気に入らないということも発生しやすいです。「全体的に2、3cmほどカットしてください」「前髪は切らないでください」「もみあげは長めに残して欲しい」など、注文は具体的に行いましょう。口で説明するのが難しいならば、自分がなりたいヘアスタイルの写真などを見せると良いでしょう。

帽子やヘアバンドを使用しない

1000円カットに通う前は、帽子やヘアバンドは使用しないようにしましょう。これらを使用することにより、髪がぺちゃんこになったり、後ろ髪が浮いたりなど、全体の髪の長さが違ってくることがあります。帽子やヘアバンドで、癖がついた状態でカットすると、仕上がりに悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。1000円カットでは、できるだけノーマルな状態で、髪の毛をカットしてもらうことが大切です。

ワックスやスプレーをしない

1000円カットは美容院と違い、基本的にシャンプーを行いません。ワックスでガチガチに固めたり、スタイリング剤がベタベタの状態で行ったりすると、本来の髪型がわかりづらくなり、髪の毛の長さがバラバラになってしまうこともあります。寝ぐせが酷い場合も、本来の髪型がわかりづらくなるので、良くありません。寝ぐせがついている場合は行く前に濡らしたり、シャンプーをしたりして、取るようにしましょう。もちろん、寝ぐせをなおす時に整髪剤などはつけず、普通の状態で通うことが大切です。

1000円カットのフランチャイズは近年増えてきています。安くて、簡単に始めることができ、お客さんもある程度見込めるからです。

Back to top