やってみれば分かる?電気製品を自作することの4つのメリット!


自作を始める動機になるメリット

電気製品を自分で制作すれば、既製品を買うより安く手に入れることが出来ます。ホームセンターなどでパーツを買ってきて組み立てればパーツ代のみで済むので、人件費や研究開発費がかかっている既製品より安くなります。経験のない人でも挑戦してみたくなる分かり易いメリットです。

計画段階で分かるメリット

具体的な作業の第一段階として、どのような物を作るのかを決めます。目的制作物が決まれば作業にはいる前にパーツを購入します。その際には自分の部屋のインテリアやコンセプトに合わせて色やデザインを選ぶことが出来ます。既製品にはない色の組み合わせも可能なので、部屋にマッチした希望通りのものに仕上げられます。

完成時に感じるメリット

作業を終えて完成すれば満足感も達成感も得られます。購入パーツの組み立て程度の簡単な作業でも、やりきって完成すれば特別な気持ちを感じられます。部屋に設置して周りに馴染んでいる様を見た時や、実際に使用して機能した時などはやってよかったという気持ちになれます。

完成後しばらく経ってから気付くメリット

完成によって得られる満足感や達成感は癖になる魅力があるので、また別の製品も挑戦してみたい気持ちになります。その時に、一回目のような上手くいくかどうか、途中で挫折してしまうのではないかなどという不安は感じなくなっています。計画から完成までの工程も比較的スムーズに運べることが多いです。成功体験が自信に繋がるとともに、知識の面でも成長しています。経験を積むことによって、周囲の人から羨望の眼差しで見られ優越感に浸れます。

プリント基板実装とは、電子部品をくっつけたりする工程を指します。はんだ付けなどでもこの工程を踏みます。

Back to top